fc2ブログ

Entries

【デッキレシピ】Rev黒単ギャロウィン

今回店舗予選で使用した黒単ギャロウィンのレシピになります。

何人かの身内が同リストを握ってくれて無事権利を獲得できたので弱くはないはず。








































『【Rev】黒単ギャロウィン』

2 x 死神術士デスマーチ
4 x 一撃奪取 ブラッドレイン
2 x 暗黒鎧 ゴルドバット
2 x 暗黒鎧 ヘルミッション
3 x 解体人形ジェニー
4 x 暗黒鎧 ヴェイダー
3 x 復讐 ブラックサイコ
3 x 暗黒鎧 キラード・アイ
3 x 魔狼月下城の咆哮
4 x 黒神龍オドル・ニードル
4 x 超復讐 ギャロウィン
4 x 凶殺皇 デス・ハンズ
2 x 革命魔王 キラー・ザ・キル






エリア代表決定戦出場権利戦

1回戦 ○ 不戦勝
2回戦 ○ 緑単ベアフガン
3回戦 ○ 白単コマンデュオ
4回戦 ○ 黒t緑ギャロウィン
5勝戦 ○ 黒単ギャロウィン

環境最多シェアであろうデッキタイプの黒単ギャロウィン。特に穿った構築にはしていません。

【各種採用カード説明】

【死神術士デスマーチ】
1コスト墓地進化ということもあり、余った1マナで出すブロッカーや、1コストの進化元として使います。
ギャロウィンミラーの場合、《ギャロウィン》で殴った際、横に殴り返しを防ぐブロッカーがいるか、追撃のできるアタッカーがいるかが大きな鍵となるため、《キラードアイ》の効果で何度も場に出せ、上記の2つのポイントを押さえることのできるのは大きいです。
終盤ばら撒いて《ギャロウィン》の取り巻きを増やしたいので3枚積みたかったのですが、スペースの都合上2枚になりました。

【一撃奪取 ブラッドレイン】
Rev環境における各色のスタートカードである一撃奪取サイクルの闇枠。先攻2→4とつなげられた場合一気に試合を優位に持っていけるので4枚確定枠です。
後攻の場合、黒単ミラーでは2ターン目に場に出さない選択肢もあります。

【暗黒鎧 ゴルドバッド】
マナ武装3でデッキトップを墓地に置き、墓地からクリーチャーを手札に加える墓地回収。ミラーでのトップ勝負の際に、光るカードです。
《ホネンビー》ではなく、《ゴルドバッド》の理由としては「墓地肥やし、墓地回収ともに任意」、「自身が殴れる」「3コスト域のカード」である3点が大きいです。特に「墓地肥やし、墓地回収が任意」というのはミラーで《ヴェイダー》を序盤に多用しても、山の枚数を気にせずプレイできたり、対ビートで《ブラッドレイン》、次ターン《ゴルドバッド》、墓地回収を行わず《デスマーチ》といった動きを選択肢に入れることができ、後攻の《ベアッサー》を処理など柔軟に動けるようになります。
3枚ほしいカードではありましたが、こちらもスペースの都合上2枚のみになっています。

【暗黒鎧 ヘルミッション】
シールドセイバー効果と場を離れたときにアンタップしているクリーチャーを破壊できる受動的なカード。環境的にケアしづらい《ホーリー》からの《ミラダンテ》に対する枠です。
《ギャロウィン》との相性が特によく、《ヘルミッション》の効果、《ギャロウィン》の効果を合わせて2体まで相手のクリーチャーを処理することができます。
また、《ギャロウィン》下で複数並べることによって擬似的にですが《ターボ55》や《マスターG》など、デッキタイプ上処理しづらいカードをごまかし続けることができたりします。
《青白ヘブンズゲート》や《白単コマンデュオ》における勝率をぐんと引き上げるカードのため3枚は積みたいのですが、《オドルニードル》が同じ役割を持てるため2枚に落ち着きました。

【解体人形ジェニー】
召還時にピーピングハンデスを行うクリーチャー。通常環境でも長年使われ続けているカードの1枚ですね。
《ブラッドレイン》からつなぐ動きはもちろん、《キラーザキル》の革命効果で場に出して、返しの選択肢をさらに狭めたり序盤の妨害だけでなく終盤の詰めでも大いに役割を持てます。
パワーが貧弱なのが難点ですが、今環境には《ローズキャッスル》や《ファンク》といった常在型のパワーマイナスカードが存在しないためあまり気にならず、むしろ《ギャロウィン》下で簡単に破壊されることができます。
調整段階では4枚でしたが、中盤はお互いにハンドレスになりやすく、《ブラックサイコ》もあり、ハンデスが過多になりがちだったため3枚です。

【暗黒鎧 ヴェイダー】
今環境屈指のパワーカードの1つ。いかに早く、長く立てつづけるかで勝負が決まるといっても過言ではないと思っています。
《ブラッドレイン》から最も繋ぎたいカードであり、先攻3ターン目に立てれるとかなり優位にゲームメイクすることができます。
ミラーでは《ヴェイダー》《キラードアイ》にどれだけ除去を当てれるかがゲームの鍵になるのと、どうしても序盤に引きたいカードなので4枚。

【暗黒鎧 キラードアイ】
墓地から闇の進化クリーチャーを召喚することのできるシステムクリーチャー。自らを回収できない《ギャロウィン》を蘇生したり、余ったマナで《デスマーチ》をばらまくのが主な役割です。
墓地肥やし効果は任意であるため《ヴェイダー》を引けているときは山の枚数を気にして使わないことも多いですが、《緑単ベアフガン》や《赤単レッドゾーン》、《青単侵略》などのビートダウンに対しては早めに墓地を肥やし、《キラーザキル》でのひっくり返しを狙いたいため使うこともあります。
ミラーでどうしても場に維持し続けたいのと、除去の応酬の後のトップ勝負で引く確立を少しでも上げるため3枚採用しています。

【復讐 ブラックサイコ】
侵略持ちの進化クリーチャー。序盤のテンポを一気に持っていけるカードです。
また、自身がデーモンコマンドなので《ギャロウィン》を1ターン早く場に出すために使ったりと、相手のハンドがない場合でも進化をさせることがあります。
すべてのデッキに対して強いカードではあるのですが、《ヴェイダー》や《キラードアイ》のおかげでゲームのもつれたミラーではハンデスは効果が薄く、また出せばゲームエンドにつながるというわけでもないので3枚に抑えています。

【魔狼月下城の咆哮】
マナ武装で2体のクリーチャーまで処理できるトリガー呪文。
《ヴェイダー》の関係上呪文は極力減らしたかったので《裁門》とどちらを採用するか迷ったのですが、重要な局面で外す可能性や、《オドルニードル》の採用で偶数が多くなりがちなのでこれ以上奇数偶数のバランスを崩して《マスターG》に弱くするのは好ましくなかったのでこちらを採用しました。ただ結果的にコスト5以上のカードがやや多くなり、《ベガス》のドロー効果や《ベガスダラー》の全体バウンスで返されやすくなったので一概にどちらがいいとは言えないと思います。

【黒神龍オドル・ニードル】
緩い攻撃抑制効果を持つトリガー。《ギャロウィン》との相性が非常に良く、また《ミラダンテ》や《マスターG》などデッキタイプとして苦手なカードにある程度抵抗することのできるカードです。
自身の効果で破壊されやすく、墓地にたまりやすいという点も《キラーザキル》と相性が良く、ハンドレスの際に引いて弱いという点を除けば環境に適した良いカードだと思っています。
盾に埋まってほしく、また初手に引いた場合迷わずマナにおけるカードでもあるので4枚の採用になっています。

【超復讐 ギャロウィン】
今デッキのコンセプトであり、フィニッシャー。自身がタップされているとき自分のすべてのクリーチャーに疑似スレイヤーと墓地回収効果を付加します。
ブロッカーやシールドセイバー、自壊効果と相性が良く、また自爆特攻で盤面を制圧したりとまさに五臓六腑の働きをしてくれます。
どのデッキを相手にしたとしても場に《ギャロウィン》を立ててから攻めていきたいので4枚。3枚がテンプレになりつつあるのですが、お互いハンドレス膠着状態の際にトップで引ければそのままテンポを一気に持っているということもあり差を付けるために多く積んでいます。

【凶殺皇 デス・ハンズ】
生きたデーモンハンド。場に打点を残しつつ相手の盤面を除去できるパワーカード。
進化が多く、また《ギャロウィン》で殴る際に横にいる生き物は多ければ多いほど良いので相性は言わずもがな。《レッドゾーン》や《ベアフガン》などは盾で処理しないといけない場面も多くあるので4枚。

【革命魔王 キラー・ザ・キル】
《ギャロウィン》が攻める際の切り札とすればこちらは守りの切り札でしょうか。闇文明以外を破壊するリセット効果と革命2による大量リアニメイトを兼ね備えている大型進化クリーチャー。
墓地の非進化クリーチャーがすべて蘇生されるため、劣勢を1枚で返すことができます。裏を返すとこれ1枚でひっくり返されかねないのでミラーだと最も警戒しなければいけないカードとも言えます。
《ヘルミッション》《オドルニードル》を蘇生しつつ、《ゴルドバッド》で《ギャロウィン》を回収、自身がアタックするとき《ギャロウィン》に侵略と、1枚で万全な盤面を作れるので、革命効果が使えれば盾が少なくてもかなり固い盤面を形成することができます。


エリア予選も残すところあと1週間。みなさん最後までがんばってください。
スポンサーサイト



  • コメント : 0

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

カイギゼア一同

Author:カイギゼア一同
多目的チーム「カイギゼア」の共同ブログです。

当ブログはPCからの閲覧推奨です。スマートフォンからの閲覧はサポートしておりませんのでご注意ください。
【PCからブログをご覧頂いているかたへ】
カテゴリからブログを検索すると、追記ボタンが表示されず記事を閲覧しにくいという不具合があります。それぞれの記事の下部に表示されている日付をクリックすることで記事を閲覧することができますのでお試しください。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR